これが裁量トレードの長所(1月31日ドル円実践日記)

実践日記

裁量トレードの長所

 

1月31日のドル円は個人的には裁量トレードの長所が出たトレードのように思います。その理由はテクニカル的にはどっちに行ってもおかしくなかったと思っています。ファンダ的にはコロナウイルスで円買い目線固定だったかもですが・・・ファンダはよくわからないし、経験上よくわからないファンダ要因に振り回されて負ける方が多いので、テクニカルだけに集中するようにしています。それでも気になってしまいますけどね。今回もバイアスあったしね汗

 

テクニカル的には逆転に次ぐ逆転、さらに逆転って感じで野球だったら面白いんですが、FXだと疲れるだけですね・・・でも最後まで勝負がつくのを待てるのが裁量の1番大きなメリットだと思います。

 

では裁量の長所を実践から見ていきます。

 

環境認識

108円からの上昇波が、高値を更新し上昇トレンド中。110円辺りで天井圏を形成し、押しが入る。週足では高値更新がいってこいの足になった事も注意。コロナウイルスへの懸念で109円を割って今週スタートし現在109付近でレンジになっている。昨日1度レンジを抜けたが、108.6で反発しレンジの中に戻っている。

 

 

買いシナリオ

①昨日の下降波を抜き返した起点を再度試してサポートなら2番底想定のロング。損切り=抜き返しの起点抜かれる。利確目標=レンジ上限108.3⇒108.5。逃げ=109レジスタンス。

 

売りシナリオ

①昨日の下降波を抜き返された起点を再度抜き返せばダブルボトム崩れのショート。利確=108.5⇒108。損切り=さらに起点抜き返し。逃げ=108.8レンジ下限サポート。

 

結果と考察

 

東京時間に前日のレンジをブレイクした下降波の起点を抜き返したんですよね。この時点では買いが優勢ですよね。下を騙して起点も抜いてますから。ただ変な所で止まったように感じたんですよね。何でここで止まったのかなと思ったら、切り下げラインが効いてたように思います。これを見てまだ売りも諦めてないなと思い、フラットな状態で見れ、勝った方に冷静についていけました。

 

前日はレンジをブレイクして売りが勝ったと思いきや、それを抜き返して買いが優勢になり、さらに抜き返して売りが勝った。FXってけっこうこういう事よくあります。もちろん上位足の影響力があっての短期足だし、上位足同士の争いですが、その勝敗を早くに教えてくれるのは短期足ですよね。ただ振り回してくれるのも短期足なので注意ですが汗。

 

私の経験上、こういう重要な抜き返しの起点などは、抜いてから試しにくる事が多いです。特に今回のように買いが抜き返したけど売りが諦めた様子がない時とか。なので試しに来るのを待って、そこでの勝敗についていくのが良いと思います。ぜひ流れを作った起点にフォーカスして自身のチャートで見て下さい。

後ここは売り手と買い手の解釈が変わりますよね。買い手にはダブルボトムだし、売り手にはダブルトップのネック割れて戻った所。どっちにいってもおかしくない所ですよね。

 

 

ファンダ要因もあるし下降トレンドから切り下げレジスタンスから売るのもありですが、起点サポートで上昇してもおかしくなかったと個人的には思っています。

 

最後の最後まで勝負がつくのを待てる事と、最後の最後まで勝敗を見守る事で、損切りも小さく出来るんですよね。これが裁量トレードの大きなメリットと思っています。

 

今日もありがとうございます。

良かったら応援お願いします☟

実践日記
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント

  1. 本当その通りですねー。裁量の良さって目線さえフラットでみておけば勝った方についていけるんですよねー。

    すげー大事な事忘れてたました

    最近分析をしっかりして相場に挑めば、頭から獲ろうとしたり両方シナリオたててるのに、一方にバイアスがかかってしまってる事がたたあるんで、謙虚に相場に挑まないといけないと気づかされましたー!

    ありがとうございました!

    • コメントありがとうございます。どちらかにバイアスはかかりますよね。ある程度は仕方ないのかなとも思います。気分転換して来週から又お互い頑張りましょう☺