クライマックスの警戒(3月30日実践日記)

実践日記

 

クライマックスの警戒

 

ドル円は天井圏の転換からの下降波で108円付近までたどり着きました。この辺は、101円からの上昇波の押し目買いが、いつ入ってきてもおかしくないエリアに入ってきています。そんなエリアでいち早く気づきたいのが、波のクライマックスですね。

 

そんな時に目安にしてるのが、急騰・急落です。その中でもトレンドと反対側への急騰・急落はクライマックスかもなと感じる1番の目安です。普段トレンド中の押し戻し=波と反対へ向かう波は時間がかかります。これは単純にモメンタムが低いため(参加者が少なくフォローが入りにくい)と考えてます。

 

これがクライマックスの時は押し戻りが、急騰・急落に近い事が多いです。これは最近のドル円の天底圏に入る前の押し戻しです。急反発してますよね。これはおそらくトレンドに乗ってる方の目標達成感が多くあり一気に利益確定が入ったと考えています。

 

 

では実践で見ていきます。

環境認識

101円からの上昇波が、111円まで到達し111円で天井圏ができ108円辺りまで下降している。この辺りは上昇波の押し目候補に入ってきているので注意する。

注目レート=戻り売り候補108~108.2と安値=107

欧州時間前にシナリオ作成しています。

スクショを忘れて始まる前のチャートです。

買いシナリオ

①戻り売りを受けて、107~107.2辺りでサポートで押し目買いを考える。

損切り=直近安値。利確=108.2

➁そのまま108.2の戻り高値を抜けば、戻りを待ってサポートで109.3までロング。

損切り=戻り高値ブレイク足抜き返し。利確=109.3

 

売りシナリオ

①陰線の戻り売り。候補は108円、1hSMA、108.2

損切り=直近高値。利確=107辺り。

 

 

結果と考察

 

結果はノートレードでした・・・〇でエントリー考えましたが、買いはもう少し下まで下がってくれるか、戻り高値抜いてくれないと値幅がないのでやめました。売りは戻り高値でダブルトップなんですが、チャネルをこんな感じで引いてたので、裏であたって反発しそうだったのでやめました。

 

それと黄色の動きが、急騰・急落に感じてクライマックスを感じて様子見ました。クライマックスは急騰・急落が多いので、変な所で入ると大けがに繋がりやすいし、方向感のない難しい相場になりやすいので形ができるまで様子見るのも良いですよね。

 

 

今日もありがとうございます。
アイキャッチ画像=PAKUTAS様
良かったら応援お願いします☟

実践日記
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント