ドル円来週の想定と今週(4月20日~24日)の振り返り

実践日記

ドル円来週の想定

 

今週もコロナウイルスの影響で市場参加者が少なかったのか、指向性の低い1週間になりましたね。先週の時点でハラミは想定はしてましたが、もう少しボラが欲しかったな・・・というのが本音ですね。個人的にはもう少しボラがあれば正直永遠にレンジで良いと思える程レンジは好きなんですけどね。

 

今週は動きがなかったので、想定としては先週とだいたい同じですね。週足見ても大きな値動きの真ん中で、小さな足で3週前の足にはらまれて方向感がない感じですね。

 

上に抜ければ、108.5→109やその高値→週足切り下げラインを目指していく流れですかね。その都度売りとの攻防がある訳ですが、現在のレンジをブレイクしたら抜けやすくはなるかなと見てます。なので108.5と109周辺に注意しながら押し目買いの戦略ですね。ただ直近のこの高値に注意したいですね。ブレイクしたと飛び乗ってもこの高値で反転して騙しになりそうなので、ブレイクには注意です。しっかり抜けてから冷静に対応したいですね。

 

下に抜けた時も107円からの反転に注意ですね。ここは少し値幅があるので、1度107円までの下降をとって、戻ってレジスタンスされたら今度は抜け期待でエントリーですかね。107円抜けると106円~105円の101円ダブルボトムの3波の起点目指して下降する流れになりそうです。なのでそこまで戻り売り戦略ですね。ここも抜けたら2番底ですね。

 

まとめると抜けた方についていくだけですね。ただ上にも下にも騙し反転しそうなレジサポがあるので、そこに注意したいのと、コロナウイルスは続いているので、急騰・急落には常に備えたいですね。

 

今週の振り返り

 

 

 

今週は先週金曜日の陰線(黄色の線)のハラミの中で1週間終わりましたね。こういう値動きの時の1番の敵は抜け期待ですね。抜け期待で上限でロング。下限でショート。5分足とか短期足見てるとついやっちゃうんですよね・・・期待せずレンジの逆張りして、利確も上限下限にきたら期待せずすぐ利確が良いですね。特に今回のレンジはレンジを上に抜けてもすぐ上に高値があり、下も少し離れてますが、107円があるので、こういう時は騙しが多いので、飛び乗り注意区域ですね。

 

今週エントリーしたのは、〇の所ですね。青〇がロング。赤〇がショートです。まぁ今週のようなレンジは、値幅があまりないので、どちらかに抜けるまでは放置して、別の通貨に専念する方が賢い気がしますね。私も今週はユーロドルに力を入れてました。

 

ロングの所は押し目買いでもよく見ますよね。短期足では転換して、上から再度売られるも下がらず安値切り上げて売りが逃げ出して上昇ですね。2回目のロングは売りの弱さから抜け期待しましたが駄目でした・・・ショートの所はレジスタンスと斜めライン抜けですね。レンジなので上限下限から決め打ちもいいですが、レンジは指向性が低く動かない事があるので、何かきっかけを待ちたいですね。

 

では今日はこの辺で。今日もありがとうございます。
アイキャッチ画像=PAKUTAS様
良かったら応援お願いします☟

実践日記
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント