ドル円来週の想定(6月22日~)

実践日記

今週の振り返り

 

今週のドル円で動いたのは、水曜日の夜中から木曜日の朝の下降ぐらいで、なかなかドル円は厳しい1週間でしたね。稼ぎたい気持ちをコントロールして、こういう時に無駄なトレードをしない事が1番大事で、1番難しい事かなと思ったりします。

 

今週で気をつけたいのは、レンジの入り口と出口の所ですね。月曜日にダブルトップのネック抜いたんですが、赤線の戻り高値を抜き返したんですよね。ただ高値は抜けず。ダブルトップからの売りと、戻り高値抜いて短期転換した買いで方向感なくなりましたね。こういうレンジよくあるのでチェックして見て下さい。

 

次は水曜日の出口です。東京時間に売られて下限で底値を作って、買いの番なんですが107.5のレンジ上限まで上げる力なく、東京の高値でレジスタンスされてレンジを抜けていきました。買いの番なのに上限まで届かない弱さから、買いが諦めて下降。これもレンジのブレイクではよくある形です。この日はパウエルさんの発言が夜中にあって、ちょっと入りにくいですが、〇のダブルトップの所で上から入って、その上に損切り入れて放置だとリスクリワードも良いかなって思います。では来週の想定です。

 

 

来週の想定

 

まずは週足です。週足は陰線で終わりましたが、先週の髭の部分は抜けずハラみになりました。左の矢印の部分でも106.5は実態では抜けてないので、ここは底堅いかもしれませんね。

 

続いて日足です。日足では6月12日の陽線にハラまれたままになってて、さらに6月18日のハラミになってます。まずは18日のハラミをどっちに抜けるかが注目ですね。これを上に抜けると107.5.下に抜けると106を目指しそうですね。

 

 

 

次は4時間足と1時間足です。106.5でダブルボトム形成中ですね。このダブルボトムが成功するか崩れるかが来週の焦点になりそうです。ボトムが成功するには最低でもネックラインの107.5まで1波で上がってこないと成功と見る人は少ないと思います。107.5まで届かないと今度は売りが有利になりますね。ただボトムが成功しても先週も触れましたが、107.8ですね。ここで止められて(ダブルトップなど作って)売られる可能性があります。ここは(1時間足の赤線の所)108円を買いがブレイクさせた起点を抜き返した所なので、こういう所は守られやすいです。107.8をブレイクすると2週前の高値を目指していくと思います。

 

 

ボトムが崩れたら、106円→105.2辺りの底値のダブルボトムの3波の起点を目指す流れになりそうです。

 

では今日はこの辺で。今日もありがとうございます。
アイキャッチ画像=PAKUTAS様
良かったら応援お願いします☟

実践日記
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント