ドル円来週の想定(6月29日~)

実践日記

今週の振り返り

 

今週はなかなか面白い値動きになりましたね。今週のドル円の値動きを見るとチャートは人の感情が動かしているんだなと改めて感じました。チャートが示した事実を売り手と買い手がどう感じるかを考える事が1番大事な事だなと改めて実感しています。

 

まず火曜日の下落=これは東京時間に2番底想定のレンジからブレイクしたのに、ネックの107.5にも届かない。ブレイクしたのに届かないという事実を、買い手が諦めて逃げ出して一気に下がりましたね。ブレイクした事で新規の買いも増えていたので、その分裏切られた売りの勢いが増しましたね。

 

水曜日の全戻し=前日結果的に上を騙して、しっかり売られたのに、106.5円を日足の実体で抜けなかった事実と日足の長い髭ですよね。この明らかに強い反発の事実を売り手が見て、新規で戻り売る人が少なくて下がらず利確や新規の買いが入り全戻しになった。

 

1番大事な事は、売り手と買い手がその事実をどう見るかを考える事かなと思います。なぜテクニカル分析が有効か?=チャートが似た動きを繰り返すからですよね。ではなぜ似た動きを繰り返すか?=チャートの事実に対して、過去の似た値動きの時と同じような感情や考え方を人が繰り返すからですよね。人の感情が値動きの本質ですね。

 

 

来週の想定

 

 

まずは週足からです。週足では先週も触れましたが、106.5のサポートが強かったですね。下髭の長さと多さや2週前にいってこいでしっかり売られたのに106.5を抜けなかったという事実は買い手が活気つきそうですよね。後先週足にハラマれましたね。まだレンジが続くかもしれませんね。

 

続いて日足です。週足では買いが強いのかなという印象ですが、日足ではどっちが強いかわからないなという印象です。水曜日いってこいで全戻ししたけど、ブレイクはできず金曜日の十字線が象徴するように方向性がない様子ですね。木曜日の上昇をネックまで届いたと見る人が多いか、届いてないとみるか微妙ですよね・・・個人的にはボトム成功と見る人が多いんじゃないかと見てますが、わかりませんね・・・

 

 

 

続いて4時間足と1時間足です。高値が切り下げ安値も切り上げて(火・水の値動きをオーバーシュートと見て)三角持ち合いになってきてますね。細かく1時間あしを見ると売りは107・5のネックラインを抜いた赤線ですね。ここが分岐点になりそうですね。買いは〇のNゾーンですね。1時間足では見にくいですが、短期足で見るとしっかりNになってます。ここはそれまでの107円のレンジをブレイクした起点ですね。買いはここを抜かれると下に抜けやすくなるんじゃないかと見ています。まぁそれまでに三角持ち合い抜けで着つくかもですが。

 

上に抜けると買い転換成功し上昇トレンド発生し、3週前の高値を目指す流れになりそうです。下に抜けると下降トレンド継続で106円→3月のダブルボトムの3波の起点を目指す流れになると見ています。

 

では今日はこの辺で。今日もありがとうございます。
アイキャッチ画像=PAKUTAS様
良かったら応援お願いします☟

実践日記
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント