ドル円来週の想定(8月24日~)

実践日記

 

ドル円来週の想定

 

週足からです。今週も4週前の陰線にハラマれましたね。この週足のハラミを認識してれば、ハラミの中に戻って終わるかもと金曜日の陽線のシナリオは描けますね。

ハラミ下限のサポートと下髭の長さから買いの支えが確認できますが、先週足をいってこいで戻した売りの反発も気になりますね。まぁ結果どっちにいってもおかしくない・・・

 

続いて日足です。日足で気になるのは2つ。一つは安値が切り上がってきている事。これは買いの材料になりそうです。もう1つはSMA21。1度上に抜いたんですが、再度戻って上にあります。意識されてるようにみえますよね。これは売り手の材料になりそうです。結果どっちにいってもおかしくない・・・

 

 

 

4時間足と1時間足です。現在の売り買いの構図は、104円からの陽線の61.8の押し目買いと107円からの売りに半値の戻り売りが攻防中ですね。この攻防のポイントは106円の木曜日の高値かなと見てます。この高値を超えればダブルボトム成功で買い手が活気付きそうですよね。逆に再度106円を試すもレジスタンスとなると逆にダブルトップになって売り手が活気付きそうです。買い手が勝てばチャネル上限や107.2円を目指す流れ。売り手が勝てば安値を目指す流れになりそうです。まぁ結果としてはどっちにいってもおかしくない・・・

 

 

こんな記事を書いてる私がいうのもあれですが、結局予測は無意味ですよね。ただ先程の106円のように、ここで買いが勝てば、一旦チャネル上限までは上がるかなとかレジスタンスしたら、一旦水曜日のボトムまでは下がるかなとか想定はできますよね。どっちが勝つかはわからないけど勝敗がついたら値が動きそうなポイントはあります。そのポイントさえわかれば、後は勝った方についていくだけなんですよね。今週の値動きで言うと。

 

 

今週の振り返り

 

まず月曜日。ポイントは106.5円ですよね。ここで押し目が入れば再度高値を試す。崩れれば106円。

火曜日。106円で押し目買いが入れば106.5を試す。崩れたので105.5円へ。

水曜日。105.5~105円での押し目が成功して106円まで上昇。崩れてれば左のもみ合いの安値=フラクラ安値を試しそう。まぁここは抜けてもすぐ下の105円の反発も可能性ありましたね。

木曜日。106円レジスタンスで105.5円へ。更新してれば106.5まで上昇

そして金曜日。105.5をサポートしたので106円へ。崩れてれば再度安値試しへ。

 

結局値が動くポイントと、売りと買いの勝敗がわかれば良いだけなんですよね。値が動くポイントは、売りと買いが攻防する所ですね。売り手も買い手も注目しているポイントですね。値が大きく動くためには、売りと買い両方の力が必要ですからね=Wの圧力

 

値動きの本質 Wの圧力
Wの圧力 ボブ・ボルマン氏の5分足スキャルピングという本の中に出てくる言葉で、値の動き始めにはこのWの圧力が欠かせません。この本は値動きをとことん深掘りしてて素晴らしいんですが、ただ訳した方がFxをあまり知らない人なのか、難しい内容をさら...

 

値が動くポイントがわかるには、過去チャートで、大きく値が動いた所の理由やレンジがなぜそこにできたかを地道に解釈していくしかないですね。

 

では今日はこの辺で。今日もありがとうございます。
アイキャッチ画像=PAKUTAS様
良かったら応援お願いします☟

実践日記
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント