ドル円来週の想定(6月1日~)と今週の振り返り

実践日記

ドル円来週の想定

 

今週は昨日の金曜日に少し動きがありましたね。金曜日の値動きってけっこうよくある値動きです。今週のユーロドルでも似た動きがありました。最後に今週の振り返りで復習したいと思います。まず来週の想定から。

 

 

昨日が5月最後の営業日で来週から6月になるので、月足から見ていきます。月足は陽線で終わりましたね。陽線になった事で、切り下げラインからの売りを受けて、3月~5月で受け止めて上昇する足場ができ、切り下げラインをもう1度試しに行きそうにも見えますね。まぁ三角持ち合いの真ん中なんで何とも言えませんが・・・これが1時間足なら、1番トレードしたくない場所ですよね。

 

 

続いて週足です。1番動きがあったのは週足ですかね。緑の4月末の週足のハラミ足から実体がブレイクしてます。この事実は買い手の材料になりそうですね。ただ黄色からの下降波の61.8の戻り売り候補には変わりなく売りが諦める訳ではありませんね。

 

 

 

日足です。日足では変わりなく緑の5月19日の足にハラまれたままですが、ただ金曜日の下髭ですよね。日足のSMA21にあたって強い反発の下髭。これを見ると買い手は勢いづきそうで、売り手は様子見る人が増えそうな感じはしますね。ただ下を騙したのにレジスタンスされると今度は売りが有利になる所なので、ここは注目ですね。上抜けするのかレジスタンスされるのか。どっちに動くにしてもそろそろかなと見ています。

 

 

 

 

続いて4時間足です。4時間足ではこんな上昇チャネル?フラッグのようにも見えますね。この上昇のまま108円をブレイクできるかどうかが鍵ですね。

 

 

次は1時間足です。日足のハラミの中に緑のさらに小さな波のハラミと青のセンターラインもあり、難しくみればどんどん難しく見える場所でした。こういう時はざっくり簡単に見る方が上手く行きますね。下を騙してる分、緑の上限を抜けると上に抜けやすいかなとは見ています。まあ高値には注意は必要ですけどね。

 

先週に引き続き、買いが勝ったら108.5→109円や週足の切り下げラインを目指す。売りが勝ったら、105円辺りのダブルボトムの3波の起点を目指すかなと見ています。

 

 

今週の振り返り

 

今週は金曜日の値動きですね。こういう値動きはよくあります。どういう時におこるか?レンジや上昇トレンド中に上値が重い時や下降トレンド中に下値が重い時によくある動きですね。何度も何度も108円を試すけど抜けない。こうなると108円を抜くためにはより多くのエネルギーが必要になりますね。金曜日の値動きは、このエネルギーを得る動きなんですよね。

 

レンジは特に、抜けてから入る傍観者も多く、市場参加者が少ないですよね=エネルギーが少ない。1度下にブレイクさせる事で新規の売りが増えます。その売りのエネルギーが貯まった所で、鯨が買いを入れると売ってた人達がパニックになり損切りしますね。売りの損切り=買いになり、さらにそれを見てどんどん新規の買いが入ってきますね。このエネルギーを得て108円を抜こうという、よくある値動きです。

 

 

ではどういう所でこういう値動きを想定して待つか?すぐ上や下にあるレジサポですよね。今回のドル円の場所は高値を更新した波の始まりで日足のSMA21。チャネルの下限。4月の終値もありいろんな要素が重なっていました。上で騙すなら5月19日の高値を考えていました。

 

後〇の抜け方ですよね。ここは買いの強力なサポート。それなのにあっさり抜けすぎですよね。こういう時は騙しを疑えますね。

 

 

まぁまだ決着はついてませんが、この値動きを使って決着がついたのが、今週のユーロドルですね。ユーロドルもずっと黄色のハラミの中でした。

 

 

〇の所ですね。下に騙して飛びついた売りをエネルギーにしてハラミを抜いていきました。この日は左の陽線の押し目買いの場面なんですけど、ずっと跳ね返されてるハラミの上限がすぐ上にあって、普通の押し目買いでどれだけ新規の買いが入ってくるか?それよりハラミの上限から売るのを待つ方が有利に見えますよね。私もズルズル上がってきたら、売りを考えていました。そう考える人が多いと思います。なので普通に押し目買いではエネルギーは期待できないと考えそう=下を騙して上がるかもしれない。と想定できます。

 

偉そうに解釈してますが、この動きが理解できるまでかなり時間かかりましたし、ましてやできるようになるにはさらに練習という時間が必要です。ただ練習すれば誰でもできる事でもあると思っています。子供の時に九九や逆上がりを何度も何度も繰り返し練習してみんなできるようになりますよね。あんな感じです。しかもこれは出来るようになれば即お金に繋がります。やらない手はないですよね。

 

これはこの値動きに限らず基本の押し目買いやレンジブレイクやレンジの逆張りでも同じです。出来るようになるまで練習すれば誰でも出来るようになります。人によって時間のかかり方が多少違うだけです。後から思えばそんな時間のかかり方の大小なんて問題ありません。人と比べずブレずに出来るまで練習。これだけです。

 

では今日はこの辺で。今日もありがとうございます。
アイキャッチ画像=PAKUTAS様
良かったら応援お願いします☟

実践日記
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント