ネックラインは危険回避ライン(1月7日ドル円実践日記)

実践日記

ネックラインが危険を教えてくれる

1月7日トレード日記

基本スタイルは欧州時間前にシナリオを練り、欧州時間とニューヨーク時間にトレードしてます。

結果から言うとドル円売ったけど下がらず、微益撤退でした。逃げる根拠としてよく活用するのが、ネックラインです。まぁ売った時点では、ネックラインになるかもラインですが、このネックラインを想定して戦略を練ると色々便利です。

 

環境認識

高値更新できずダブルトップから売られ、ネックを抜けて108まで下降。108円は106.5からの上昇波の半値から61.8で押し目候補なので、攻防がありそう。

 

買いシナリオ

①売りを受けてから、ダブルボトムになれば買い。

候補=108円。チャネルの裏。仮ネックライン。利確目標は108.8

 

売りシナリオ

①109.5からの下降波の戻り売り。

候補108・5。12月終値。108・8。利確目標=108

 

結果

108.5のダブルトップから売ったのですが、ネックラインでサポートされて逃げました。ネックラインでサポートされたら買いも考えてましたが、上手く入れず、今年最初の実践は微益で終了でした。

 

ネックラインでの買いのサポートを見て上手く逃げれたので良しとします。

 

ネックラインを想定できるメリット

私はよくシナリオでネックラインを使います。シナリオを考える時点では暫定のネックラインです。この暫定が重要で、ネックラインになってからでは遅いです。シナリオの時点で値動きを想定して、ここから売られたらここがネックラインになるなと予想できる事が大事です。

メリット

①暫定のネックラインを基準に逃げのプランが立てれる。

➁押し目や戻りをつけずそのまま上昇したり下降したりする時ありますよね?ああいう時に暫定のネックラインを基準に抜けないなら、そこから順張りで入ります。

③天井圏や底値圏を想定できる。大きな足のネックラインを想定できると、トレードの範囲が限定できるので、プランも立てやすくなりますよね。

値動きの想定の中にネックラインができるならどこだろうと考えてみて下さい。

今日もありがとうございます。

良かったら応援お願いします。☟

実践日記
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント