ブレイク飛び乗り危険な環境(1月28日ドル円実践日記)

実践日記

ブレイク飛び乗り危険な環境

 

先週に引き続き今週の前半もドル円、ユーロドル共に動かない展開でストレスが溜まりそうですが、しっかり待てているでしょうか?そして今日はFOMC。現在地を考えると動き出すのはFOMC後かなと、早々と今日はトレード休みにして気分転換しています☺ストレス溜まる展開ですが、焦らず休みながら行きましょう。

 

今日は飛び乗り警戒という事で、ドル円のレンジですね。本当にやらしい位置でレンジになってますよね。上も下もいかにも騙し反転がありそうな場所で、鯨が何かやってきそうだなって感じでしたね。こういう騙しが起きそうな所でどう実践したか見ていきます。

レンジでの注意事項書いてます。よかったら☟

負けパターンに勝ち組の思考が隠れている。パート4
負けパターン4~レンジ~ ダップ みなさんこんにちわ。今日もHファンドのFX担当H課長に来て頂いてます。今日もなんとH課長が、どうやって儲かっているか暴露してくれるという事で、 非常に楽しみですが、暴露して...

環境認識

108円からの上昇波が、高値を更新し上昇トレンド中。110円辺りで天井圏を形成し、押しが入る。週足では高値更新がいってこいの足になった事も注意。コロナウイルスへの懸念で109円を割って今週スタートし現在109付近でレンジになっている。

注目レートはレンジの上下限だが、上に安値更新の起点。下に戻り高値を抜いた起点があり、注意が必要。

 

買いシナリオ

①レンジの上への抜けは騙しがありそうなので見送り、戻りを待ってからロング。利確目標=109.5。逃げ=109.2辺りの安値更新起点。損切り=ブレイク足抜き返し。

➁レンジの下限で下を騙すような動きがあれば下から買いたい。利確目標=109.2⇒5逃げ=109。損切り=レンジ下限

 

売りシナリオ

①レンジ下抜けは騙しがありそうなので見送り、待ってレジしてからショート。利確目標=108.5⇒108。逃げ=ダブルボトム。損切り=ブレイク足抜き返し

➁レンジの上で騙すような動きがあれば上からショート。利確目標=108.5⇒108。逃げ=レンジ下限。損切り=ブレイク足抜き返し。

 

結果と考察

 

 

やらしい動きでしたね。上にブレイクしたと見せかけて次の高値で反転。そして下を騙して上に行く。この場所がやりにくいですよね。どこを抜けたら入るか迷いますし、どこで反転してきてもおかしくない所ばかりですよね。

 

こういう時は難しく考えず、できだけ上から売るか、下から買うか、誰が見ても決着がついてからエントリーするかが良いように思います。この中でトレードなんかしたら目線コロコロさせられて大敗する自信しかありません・・・

シナリオはできるだけわかりやすくして、ルールをしっかり守る。こんなシンプルなほうが上手く行く事が多いように思います。

今日もありがとうございます。

良かったら応援お願いします☟

実践日記
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント