プライスアクションを待つ

手法

トレードは待つのが仕事

 

トレードは待つのが仕事ってよく言われますよね。実際本当にそうです。しかも大きく2回待たないといけません。

①狙ってるレートにくるまで待つ。

➁狙ってるレートにきたらエントリーできるプライスアクションを待つ。

 

待つのって思ってる以上にたいへんですよね。待ってる途中に焦りや不安から、待てずに負けまくった事も多々あります。特に2番目のプライスアクションを待つのが中々できなかったです。狙ってるレートまでせっかく待ったから必ず波に乗りたい。その気持ちが早くエントリーしないと行ってしまうと焦りに繋がって負けまくるんですよね。

 

では具体的にプライスアクションを見ていきます。

 

ピンバー・いってこい・騙しの高安

 

プライスアクションでわかりやすいのが、この辺でしょうか。このアクションは転換やレジサポや天底への試しの場面でこのアクションが出ると再現性が高いと思います。例えば転換時や押し目買い時の2番底や2番天井でピンバーや、重要なレジサポをブレイクした後の試しでピンバーが出たら、もうこれ以上や下にはいけないなと思いエントリーします。

これは天井圏でレンジブレイクがいってこいになって逆に下にブレイクしてブレイクで飛び乗った人が一気に損切りする①。その後そのレンジを試しにきたけど大きなピンバーが出て買いが諦める➁

 

これは押し目買いの場面で、2番底で大きなピンバーから上昇して押し目買い成功。この2番底のサポートに自信があればこのピンバーから買えますよね。

 

こんな感じで天井圏や底値圏で上下を騙す動きや、押し目買い戻り売りの2番底での反発のアクションと見てエントリーのきっかけにします。

🍵どうぞ。押してもらえると励みになります☟


為替・FXランキング

〇〇なのに〇〇

買いの番なのに上がらない。しっかり売られたのに安値が切り上げた。下を騙したのに、ブレイクできない。ブレイクしたのにブレイクの起点を抜かれたとか、これは相手のポジションの弱点を攻める感じですね。

これは押し目の候補で下を騙して上昇したのに、高値(暫定ネック)も越えれなかった。騙して上がったのにレジされたので、買いが逃げ出して下がった。

これは天井圏のレンジで、レンジの下限から買いが入ったのに、大きなピンバーで戻ってきた。それを見て買いが逃げ出した。

これは戻り高値を抜いてブレイクしたのに、ブレイクの起点を抜き返されて買いが逃げ出して新規の売りも入り下がった。

 

これは押し目買いでよく見る形。売りが入ったけど安値が切り上げて売りが逃げ出し、新規の買いが入り押し目買いが入った。波はほぼ2回以上は試しにくるので、2回目以降で、切り下げてきたら売りの勢いが弱まってる可能性が高いので、良いポイントになりますね。

もみ合い

レンジブレイクとか、レジサポを抜く時とか、押し目買いや戻り売りでも、もみ合いを作ってくれると飛び乗りしやすいです。なぜもみ合いがあると良いか?騙しになりにくいからです。このもみ合いには、ここをブレイクさせるために大金をつぎ込んだ鯨がいるんですよね。だから反対ポジションが騙しにしようと仕掛けてきても、ここで守られやすいし、仕掛ける側も反撃されるのわかってるから仕掛けにくいんですよね。

この〇のレンジブレイクの後上から売りが入ったけど、もみ合いでサポートされてますよね。

 

戻り高値の前でしっかりもみ合いを作くってくれたので、こんな時は飛び乗ります。2番も左にもう一う大きな波の戻り高値があるんですが、もみ合いを作ってくれたので飛び乗ります。

この辺は以前も何度か記事にしてるので、よかったら☟

負けパターンに勝ち組の思考が隠れている。パート4
負けパターン4~レンジ~ ダップ みなさんこんにちわ。今日もHファンドのFX担当H課長に来て頂いてます。今日もなんとH課長が、どうやって儲かっているか暴露してくれるという事で、 非常に楽しみですが、暴露して...
重要なレジサポ パート1~レンジには意味がある~
重要なレジサポになるレンジは? レンジにはそれぞれレンジになってる理由があります。 ①時間調整のレンジ ➁モメンタムの弱いレンジ ③売り買いの攻防でできたレンジ 大きく分けるとこの3つでしょうか。 時間調整のレン...

試し

下がらない。上がらないっていう時に、大事な所を試しにくる事があります。

こんな感じで、ブレイクしたけどなかなか下がらない時とか、こうやってブレイクした起点など大事な所を試しにくるんですよね。これは私の解釈ですが、大事な所でやっぱりレジスタンスされた事で買いが諦めたり、見てる人が新規で売りで入ってくるんだと解釈してます。

 

後大事な所をブレイクして行く時も、試しが入る事が多いですよね。これも同じように試して駄目だった事で買いが諦めて下がるし、騙しを疑って傍観してる人も新規で入ってきますよね。

まとめ

 

大きな下髭が出たから買ってたら負けまくりますよね。大事なのはどこで(どのレートで)下髭(プライスアクション)が出るかが重要です。再現性のあるレートで再現性のあるプライスアクションが重要です。なので、再現性のあるレートまでしっかり待つ事と、そのレートで再現性のあるプライスアクションを待つ事が大事になります。

 

ぜひ自身のチャートでどのレートで、どんなプライスアクションが出たら、再現性高いか検証して見て下さい。極端な話、手法なんてどうでもよくて、再現性のあるレートがわかる相場観とそこで再現性のあるプライスアクションがわかり待てれば手法なんて何でもいいかなって思ってます。

 

今回もありがとうございます。
アイキャッチ画像=PAKUTAS様
良かったと思ったら応援お願いします☟

手法
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント

    • わざわざありがとうございます☺