シナリオ分析の考え方~今週の想定(ドル円)~

実践日記

値動きの想定

 

今更って感じですが、昨日はノートレードだったので、今週考えている事を書いて見たいと思います。内容ではなく分析の考え方で何か1つでも参考になればと思います。

 

まずはこの先週の金曜日の高安109.5~110で、上に行くにしても売り転換しても天井圏長くなりそうだなってみています。もしかしたら1週間この中かもって想定してます。なのでまずはレンジの逆張りですね。しっかり上下限に引き付けてトレードしたいですね。まぁコロナウイルスとかファンダ要因とか指標で早く動き出すかもしれませんが。

 

高値を更新していくなら、110.5~6辺り。ここは108円からの上昇のN値100%になります。又〇の所が日足クラスの下降波の有力な戻り売り候補Nゾーンで110.6辺りがその上限ですね。なので更新しても1度ここで止まって、押してもう1度トライしてどうなるかですかね。

 

天井圏の後、109.5を割っても、この黄色の線の109.3は注意したいですね。騙して跳ねるならここかなって思ってます。なのでダブルトップの転換狙うなら上から売るか、109.5抜けてからなら、1度109.3からの買いを受けて(戻りを待って)レジスタンスされてから売りたいですね。ここ抜けたら戻り売りで108円目安について行きたいですね。

 

上行くにしても下行くにしても理想はブレイクアウトではなく前兆を察知してブレイク前に入りたいですよね。そこを察知するには相手の弱点ですね。ブレイクの買いが入ったのに、フォローがなくピンバーになって失敗したとか、110円から売りが入ったのに、売りが弱くて下がらないとか。レンジを騙して上昇したのにレジスタンスされたとか。高安の切り上げ、切り下げとかですね。

 

天井圏や高値圏では上下限にくるまで、しっかり待つ事とフラットな目線で、どちらかの弱点を見つける観察力かなと思います。

分析の考え

 

私のトレードのシナリオは売りも買いも考えてます。上昇トレンド中でもこうなったら次の押し目まで1時期的に売る。こうなったらあそこまで買うとか考えています。なので1週間の想定も上昇するなら、こんな値動きかな。売り転換するならこんな値動きかなって予想ではなく想定をします。

 

特に理想的なシナリオは、例えば今のドル円なら、109.5円にできるだけ引き付けて買い。109.5円をブレイクしたら戻りを待って売りとか。1つのレートで売りも買いも想定できるレートでのシナリオが理想です。1つのレートで売り買い両方のシナリオが立てれるって事は、どちらかが損切りになってもドテンで取り返せる可能性の高いレートなんですよね。そういう所は売りも買いも注目してるので、どっちにいくにしろよく動く事が多いので効率もよく感じます。

 

後109.5円にきたから、すぐ買いではなくプライスアクションを見たいですよね。プライスアクション見ずに、考えてるレートに来たからエントリーって方が本当に多いです。せっかく相場観あるのにもったいないなと思って見てます・・・プライスアクションを見る事で、無駄な損切りを減らす事ができるかもしれないし、だいたい2回試しにくるので、1回目で入るとポジションを長く持たないといけない事が多いですよね。長く持つのって凄いストレスですよね。騙しに耐えたり寿命が縮まりそうです・・・

こんな感じで売りも買いも注目するレートを日々見つけてシナリオを考えています。

 

 

今回もありがとうございます。
アイキャッチ画像=PAKUTAS様
良かったら応援お願いします☟

実践日記
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント