便利な道具2~支配波・はらみ足~

相場観を磨く

支配波・はらみ足

 

今日は便利な道具の紹介という事で、支配波とハラミ足の紹介をしたいと思います。本当にこの道具は使い勝手が良くて重宝してます。では実際どんな事に使えるのか?

 

①環境認識の簡素化。

➁シナリオの軸として使える。

③エントリーのタイミング。

 

大きな長期足の環境認識から、その日のトレードプランから、エントリーのタイミングまで。こんな便利な道具、使わない手はないです。では一つ一つ見ていきます。

 

支配波とハラミ足は基本的には同じような使い方になる事が多いですが、意味合いが違う時があります。支配足=流れを変えた大きな足や波。重要なレジサポを抜いた意味のある足や波と考えています。これに対しハラミ足は単純に次のロウソク足が、前のロウソク足にすっぽり入り、レンジの前兆と見る事がありますし、単純に波で見た方が見やすい時とハラミ足で見た方が見やすい時で分ける事もあります。その辺の使い分けは経験ですが、最初は単純にハラミ足で見るとわかりやすいかもしれません。日足や週足のハラミなど長期足のハラミ足になるとそれだけで重要なレジサポになったりしますしね。

 

環境認識の簡素化

 

私が相場観が身についてきたなと初めて実感したのは、ハラミ足を活用した時です。今でも覚えています。今まで難解にしか見えなかったチャートが、なんか単純に見えてきたんですよね。チャートを見る景色が変わったんです。それから少し経ってトレードの成績も一気に改善しました。それまでトータルで全く勝ててなかったんですけど、週や月トータルでちょっとプラスとか±0辺りとか。それまでは確実にトータルマイナスだったんで、かなりの進歩でした。これはハラミ足のおかげというか、それまでの相場観の勉強がハラミ足をきっかけに色々繋がってきたんだと思います。まぁそこからこの状態から抜け出せない期間も長かったんですけどね・・・

 

でも相場観がついた事で、大きく負ける事はもうないだろうなって自信はありましたね。FXの勉強はまず相場観を身につける事と思ってます。それから勝てるスキルです。それを避けて、簡単に勝てる手法ありますとかインジケーターで簡単に勝てますとか。そんな甘い話ありませんよね。

 

私の考える支配足の定義=流れを変えた大きな足や波。重要なレジサポを抜いた意味のある足や波です。チャートで見てみます。左の大きな下降波は去年の夏頃トランプ発言もあって、それまでのレンジ相場から一気に下降した波です。8日間この下降波の支配下にあり、9日目で上に行くと上昇トレンドという新しい流れが始まりましたね。このトランプ砲をTとします。

画像は1時間足に日足です。

 

さらにこれを細分化すると大きな下降波の中のAの足に2日支配され、Aの足を抜けたBの足に今度は4日支配されます。Aの足を抜けたので、Tの上までいく。そしてBの支配が始まる。Bの支配とTの支配が終わり、解放されどんどん上昇した。これだけでもトレードできそうですよね。

 

ハラミ足というのはロウソクの中に次のロウソクがすっぽり入る事を言います。Bの波はハラミ足で見た方が見やすいかもしれませんね。ハラミの範囲は髭も含みますが、ブレイクはロウソク足の実体で見ます。髭で抜けてもレジサポしたと見ています。

支配足やハラミ足を使うと1番良いのが、範囲をしぼれますよね。この支配波の中だけ考えればいいですよね。ブレイクしたら、その時はついていけばいいです。

 

こちらは最近のドル円です。11月後半の高値を更新した波がずっと支配してたのがわかりますね。その中でAの波とBの波がさらに支配し天井圏と底値圏を作りましたね。

 

こうやって見ると相場って少し単純に見えませんかね?1度自身のチャートで色々やって見て下さい。

 

🍵どうぞ。押してもらえると励みになります☟


為替・FXランキング

トレードの軸にする

 

上の環境認識でも十分トレードできそうですが、ディトレードだとなかなかトレードチャンス来ないですよね。なのでこれを短期足に落としていく事で、その日のトレードプランの軸にする事もできます。

 

例えば年末の天井圏。ハラミ足の上下だけだと中々チャンスがないので、もっと細かくトレードしたい時ありますよね。そんな時は時間足を落とします。4時間足のハラミで考えてみます。Aの波のハラミの中にさらに小さいハラミ足があるんですよね。相場はフラクタルなので、時間足を落としていくとさらに小さいハラミ足があります。

画像は15分足に大きい足が4時間足のロウソクです。

 

まずBの足のハラミがあります。Bの足の下を試して下限でサポートしてレンジブレイクで上限まで狙えますね。そして再度上限でレジスタンスされたので、今度はAの下限までいきました。

 

今度はCにハラまれました。Cを上に抜けたのでロング。ただ変な所で止まってしまったので、再度Cの下限を試しにきました。

そして今度はDのハラミ。Dの支配を上に抜けたのでロング。Aの上限までいきました。Aまできたのでショート。

 

こんな形で、大きなハラミの中をさらに小さな足で見る事でトレードチャンスは増えます。B・C・Dのハラミをトレードの軸にプラン立てれますよね。

レンジの中じゃなくても同じです。Aは高値を更新した波です。この意味ある波を基準に、下限サポートでロング。上限レジでショート。抜けたらショート。

 

Bの波は押し安値を抜いた意味ある波です。上から売ったけど売りが失敗して、Bをブレイクしたのでロングと損切り食らってもドテンできますね。

昨日の実践でもこの支配波を軸にトレードしてるので良かったら☟

優位性に迷った時のトレードの基準(1月24日ドル円実践日記)
トレードの基準 トレードのシナリオを立てる時に迷う事ってありますよね。単純に現在地がよくわからず狙う波がわかない時はトレードは見送りましょう。狙う波もわからず勝っても負けても正直それはギャンブルになりますからね。 今...

 

上の例と下の例で、ハラミと支配波の感覚わかりますかね?上はレンジの中でさらにハラまれて小さなレンジの感覚。下は高値更新や押し安値更新など意味あるレジサポを抜いて流れを変えた支配波。

エントリーのタイミングに使う

 

これもよく使いますね。特に私はビビりなので、エントリーの時何かに背中を押してほしいんですよね。そんな時にこのハラミ足や前回のナナメラインに背中を押してもらう訳です。

便利な道具1~ナナメライン~
斜めラインの使い方 今日は斜めラインについて書いて見ます。私は結構斜めラインを使っています。本当に便利な道具です。ただ注意したいのは、水平線と違って斜めラインは各個人で引き方が違う事があるという事です。 これは凄く重要な事実...

ここでの話は、トレードの根拠は別にあって、タイミングだけの話しです。

 

例えば金曜日のドル円の戻り売りの場面。ダブルトップになって、どこでエントリーしようと考えた時に、5分足のハラミ足ブレイクでエントリーします。

 

こちらはユーロドルの押し目買いの場面。2番底から5分足のハラミ足ブレイクでエントリーしました。

 

まとめ

 

環境認識からトレードの軸に、エントリーのきっかけまで。本当に便利な道具です。便利な道具というか値動きの本質的な部分でもあるので、値動きの本質のパート3かタイトル迷ったんですけどね。色んな場面で使える道具の方がしっくりくるかなと思って、こっちにしました。

 

ぜひ1度自身のチャートで検証してほしいです。難しいチャートをシンプルにしてくれる魔法の道具だと最初感じました。そして今も重宝して使っています。支配足やハラミ足を認識すれば、その範囲だけ見てればいいのでシンプルになります。

 

以前の私もそうでしたが、FXって難しく考えすぎてわからなくなるんですよね。FXなんて所詮上か下かしかないんですから、軸を決めてシンプルにその軸より上にいけばロング。下にいけばショートぐらいの方が上手くいくかもしれませんよ。

 

今日もありがとうございます。

アイキャッチ画像=PAKUTAS様

良かったら応援お願いします☟

相場観を磨く
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント

  1. 初コメ失礼します。

    凄く解りやすかったです(^ ^)最初よくあるのが、意識した支配波でトレードしようとしても更に大きな時間足では半値の押し目買いのポイントだったりしてよく混乱してましたが、しっかりと月足くらいから環境認識した上で波を見ていけば、驚く程に相場が単純に見えてトレードが断然やりやすくなりました!!

    この波を意識したトレードの良い所は、エントリーとエグジットも主観じゃなくなる事だとも思いますねー。エントリーした時にはすでに出口がある程度見えてる。そこも凄く大事だと思います( ´∀`)

    • コメントありがとうございます。とても励みになります☺
      凄くよく勉強されてるのが、コメントからわかります。
      出口凄く大事ですね。損切りも利確も明確だからリスクを受け入れられますよね。