利益消失(1月30日ドル円実践日記)

実践日記

利益消失

 

結果を先に言うとドル円ショートして、爆益の夢を見て気分よく寝たら、朝起きたら建値損切り・・・20ピプスあれば十分なのに・・・欲張りました泣。しかも2日前の記事で自分で画像つけて、ここ注意と言ってるのに( 一一)今週はトレード機会も少ないので痛い・・・

ブレイク飛び乗り危険な環境(1月28日ドル円実践日記)
ブレイク飛び乗り危険な環境先週に引き続き今週の前半もドル円、ユーロドル共に動かない展開でストレスが溜まりそうですが、しっかり待てているでしょうか?そして今日はFOMC。現在地を考えると動き出すのはFOMC後かなと、早々と今日はトレード休みに

 

こんなに長くレンジになったし、コロナウイルスの懸念あるし、一気にいきそうなんて夢見てました( 一一)。でもこの動きって実はよくある動きなんですよね。私が言うのも何ですが・・・では実践で説明していきます。

 

環境認識

108円からの上昇波が、高値を更新し上昇トレンド中。110円辺りで天井圏を形成し、押しが入る。週足では高値更新がいってこいの足になった事も注意。コロナウイルスへの懸念で109円を割って今週スタートし現在109付近でレンジになっている。

 

 

 

買いシナリオ

①レンジの下限108.8でサポートなら、ダブルボトム2番底からロングの長期足の押し目買い。損切り=108.8ブレイク。利確目標=ハラミ上限の109.2⇒109.5.逃げ=子ネック抜けない。

 

売りシナリオ

①108.8を抜ければ押し目崩れのショート。損切り=ブレイク足の抜き返し。利確目標=108(ちょこちょこ止まりそうなとこあるが、勢いで・・・)逃げ=108.6-7辺りでダブルボトム。

 

結果と考察

結果は108.6の戻り高値を抜いたサポートで反応し上昇。再度ハラミの中に戻ってきましたね。結果騙しのような形になりましたね。

 

こういう形って迷晴れFXさんの言葉を借りるとスパイクっていうやつですね。1度下げて新規の売りをを誘い、その後反転させる事で、売りの損切りが買いになって上昇するメカニズムですね。画像を見てもらうと、〇の所で何度も上げようとしてるのがわかりますよね。こういう時って、スパイクや大事な所を試しにいく動きって出やすいんですよね。

 

何度も上昇を試みたが、上がらないので、1度下げて反転させる事で、上昇のエネルギーを得るわけですね。スパイクがあるなら、ここが有力候補ですよね・・・コロナウイルスで下げるに決まってるって思い、建値に損切りセットして放置してしまいました。思い込みは1番の敵です( 一一)

 

こういう長期足の有力な押し目候補とか重要なレジサポでは、こういう動きってよくあるので、1度自身のチャートで見てみて下さい。

今日もありがとうございます。

良かったら応援お願いします☟

実践日記
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント