売りが諦める所に買いを~反省と自賛~(1月13日トレード日記)

実践日記

1月13日トレード日記

 

昨日はちょっとバタバタしてブログの更新ができませんでした。毎日更新と言っておきながら申し訳ありません。そのわりにちゃっかり実践はしやがって・・・という批判はなしで汗。

結果から言うとドル円もユーロドルも買いシナリオでは、しっかり売られて売りが諦める展開になれば買い。結果はそうなりましたが、ドル円は何もできずユーロドルはシナリオ通りできたという話です。

 

ドル円環境認識

(基本スタイルは欧州時間前にシナリオを練り、欧州時間とニューヨーク時間にトレードしてます。)

109.7でWトップから108円までの下降波が発生したが、先週全戻しして現在高値で攻防している。この位置は112円からの下降波の戻り売り候補。現在続いている上昇波との攻防になっている。

注目レート=109.7

買いシナリオ

①しっかり109.7をブレイクしてから戻ってサポートでロング。

➁109.7でしっかり売られたのに、1hSMAや直近安値の109.5を抜けず売りが逃げ出せばロング。

利確目標=110

売りシナリオ

①109.7で売りのサイン=ピンバーやいってこいなど出れば上から。基本はネック抜いて戻ってから。

(売りにしても買いにしてももう1つ大きなWトップを想定してて、109か109.3辺りの押し目までのショートを狙ってた)

結果と反省

買いシナリオの2番になりましたが、エントリーできませんでした。もう少し派手に売られて、それでも下がらないか、もう少しもみ合いがあれば買えたと思うのですが・・・言い訳は駄目ですね。いやそれでも買えなかった気がします。明らかに頭の中が売りに傾いていたから・・・

よく見たらしっかり乗り上げて、下を試してるけど下がらないっていうロウソク足になってますね。それに今回1番の反省は、これまでの流れですね。先週108円から一気に戻してる勢いですよね。そのモメンタムの強さを考慮できてなかった。

どうせ月曜日だし、グダグダ動いて天井圏作るんでしょ。という思い込みが強かった事が1番の原因ですね。ドル円のこの場所は、どっちに行ってもおかしくない場所。そう思っていたのにいつの間にか頭の中は売る所を探してた気がします。

さぁ反省終わり。次は自画自賛トレードです・・・

 

ユーロドル環境認識

(基本スタイルは欧州時間前にシナリオを練り、欧州時間とニューヨーク時間にトレードしてます。)

現在上昇トレンド中も1.14からの下降波の戻り売り候補に入ってきている。週足では高値更新してない事も気になる所も1.111から押し目買いを形成中。

 

買いシナリオ

①金曜日陽線の押し目買い。陰線からの戻り売りが入って、サポートされればロング。候補=1.1150のネック。1.111。1.11950。

利確目標=1.115

➁1.113の戻り売りが崩れたら、次の戻り売り候補1.115までのロング。

 

売りシナリオ

①陰線の戻り売り。候補=1.113。1.115

利確目標=1.111

 

結果

結果は買いの①。1.113から上を騙して、しっかり売られたのに直近安値の1.1115でサポートされて安値も切り上げましたよね。これを見たら売りは逃げ出します。そこに買いを合わせる。自画自賛です。

しっかり売られた後しっかりサポートされる。けっこう相場では基本です。

しっかり買われたから売られる。しっかり大事な所を試したから伸びる。

相場分析される時に、この波はしっかり〇〇されてるかな?考えてみると上手くいくかもしれません。

値動きの本質 Wの圧力
Wの圧力ボブ・ボルマン氏の5分足スキャルピングという本の中に出てくる言葉で、値の動き始めにはこのWの圧力が欠かせません。この本は値動きをとことん深掘りしてて素晴らしいんですが、ただ訳した方がFxをあまり知らない人なのか、難しい内容をさらに難

今日もありがとうございます。

良かったら応援お願いします。☟

実践日記
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント