大事な所は試しを待つ(3月19日実践日記)

実践日記

 

大事な所は試しを待つ

 

値動きの特徴として、大事な所程試しがあります。昨日ブレイクした108.5は112円からの61.8%の戻り売りの有力候補で、売りと買いが攻防したもみ合いもあり、重要なレジスタンスと見ていました。実際何度かレジスタンスされて反発はしてますよね。そしてこういう大事な所は試しが入る事が多いです。

 

 

この動きはぜひチャートで確認して見て下さい。昨日のユーロドルもそうですよね。緑の点線の安値をブレイクした後,〇の戻り高値を試してレジスタンスされた事で、買いが諦め下降しました。この値動きの特徴がわかってくると大きな波の動き出しに初動から乗れます。エリオット波動で言うと3波です。1波でブレイク。2波で試しがあり、3波で本格波です。

 

私もそうでしたが、方向は合ってるけど負ける事って多いですよね?その1番多い負けが、この1波と2波と思います。1波と2波で短期足に振り回され、疲れ果てた頃に3波がきて美味しい所は乗れずに終了。この負けを解消するには、値動きの特徴を知ってしっかり待つ事だと思います。

 

では実践で見ていきます。

 

環境認識

112円から一気に下降し、101円近くまで下落したが、強い反発があり、108円まで上昇。月曜日下窓スタートも押し目が入り、108円辺りまで再度上昇している。ここは112円からの61.8で、戻り売り有力な候補でもある。注目レート=108.2~5のブレイクさせたもみ合い

欧州時間前にシナリオ作成しています。

スクショ忘れて、出来上がったチャートなので見にくいですが・・・朝ブレイクした後からですね。

 

 

 

買いシナリオ

①午前中108.5をブレイクさせたもみ合いを試してサポートでロング。

損切り=安値か108.2。利確=110~110.3

 

売りシナリオ

①午前中108.5をブレイクさせたもみ合いを抜き返して、押し安値(107.8辺り)からの買いを受けてレジスタンスされれば、朝のブレイクが騙しと見てショート。

損切り=抜き返し足の再度抜き返し。利確=105.5~106の暫定ネックライン。

 

結果と考察

 

 

 

本格上昇の前にしっかり試しがありましたね。上の矢印でエントリーしました。必ず試しがある訳ではないですが、大事な所程試しがある事が多いです。今回の場合は日足は108.5をレジスタンスされて始まった後に、東京時間でブレイクだったので、日足で騙しの可能性あるので売り側まだ諦めませんよね。なので欧州初動でしっかり試され、サポートされた事で、売りが逃げ出し、新規の買いがどんどん入り上昇しました。

 

この短期転換の形もよく見ます。緑線の短期の戻り高値を抜いて転換した後、戻ってサポートされてから上昇。こういう大事な所で騙しもあり得る所では短期転換を確認すると勝率上がりますね。ただ損切りが遠くなるデメリットはありますがね。

 

プライスアクションを待つ
トレードは待つのが仕事 トレードは待つのが仕事ってよく言われますよね。実際本当にそうです。しかも大きく2回待たないといけません。 ①狙ってるレートにくるまで待つ。 ➁狙ってるレートにきたらエントリーできるプライスアクシ...

 

週末はこの試しをフォーカスした記事を書こうと思いますので、ぜひ見に来てください。

 

今日もありがとうございます。
アイキャッチ画像=PAKUTAS様
良かったら応援お願いします☟

実践日記
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント