安易に売れないエリア(3月16日実践日記)

実践日記

安易に売れないエリア

 

又今週も下窓開けてスタートでしたね・・・下窓開けた時は開いてる部分は陰線の扱いです。なので今週の場合は108.5からの陰線になります。なので窓埋め狙うのはいいですが、上がれば戻り売りが入ってくる事は想定して買いたいですね。

 

今回は安易に売れないエリアという事で、〇の部分ですね。ダブルボトム崩れたと売って損切り食らった人はいないでしょうか。まぁボラが大きいので、ここで売るのはありですが、反発あるかもしれないなと逃げる準備しながら売らないと駄目な所ですね。

 

 

では実践で見ていきます。

 

環境認識

 

下降トレンド中。112円から一気に下降し、一時は101程度まで下落。先週反発があり108円まで戻して終了も週明け106.5辺りから下窓スタート。

欧州時間前にシナリオ作成しています。スクショ忘れたので出来上がったチャートです。

買いシナリオ

 

①戻り売りが東京時間の安値でサポートされれば、先週金曜日陽線の押し目買い。安値が崩れてもNゾーンの中なので、反発があれば下から買う。

損切り=直近安値か1番底安値。利確=108

 

売りシナリオ

 

①ダブルボトム崩れで次の安値までだが、Nゾーンなので、すぐ売りにくいので、1度買いが入ってもレジスタンスされれば次の押し目まで売り。

損切り=ボトム崩した足を抜き返し。利確=104.5→103.5

 

結果と考察

 

結果は〇でロングしました。真ん中のサポート線でダブルボトム作ったためです。

 

欧州初動の時点で朝の陰線の戻り売りが入っていたので、押し目待ちしていました。2度押し目崩れたんですが、朝の安値をブレイクする所。ダブルボトム崩れで、普段ならここは絶好の売りポイントになるんですが、左を見るとここはNゾーンなんですよね。高値を更新させてNを成功させたゾーンなので、戻ってくると守られやすいです。(高値更新のために機関投資家がお金を投入してると考えられるから。ただ目標達成してると守られない)

 

値動きの本質~N~
チャートはNでできている 私は初心者の頃知った時、へーそうなんやぐらいで、まぁそれがFXの常識なんかなぐらいでずっと来てたんですが、今思えばこの反応が駄目だめで、センスある人はおそらく、なんでそうなるん?って調べたり考えたりす...

 

下の線で辺りで、反転して上に行くんじゃないかと警戒していました。こういう動きって鯨が(機関投資家が)よくやる動きなんですよね。1度下に行くと見せかけて、新規のショートを誘って、いっぱい入って来た所で近くのレジサポで反転させて逃げや損切りで、一気に上昇させるんですよね。

 

なので売りは、下の線からの買いを受けて、レジスタンスされてからでいいと考えていました。まぁボラが大きいくて値幅もあるので、逃げる体制で売るか、下の線までのスキャルなら全然ありですが。

 

1度自身のチャートでNゾーンと下や上にふってから反転する動きを見て貰えると今後のトレードに活かせるように思います。

今日もありがとうございます。

アイキャッチ画像=PAKUTAS様

良かったら応援お願いします☟

実践日記
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント