知ってるけど出来ない。実践から学ぶ(12月2日ユーロドル実践日記)

実践日記

わかってるけどできなかった典型トレード

12月2日トレード日記

シナリオは大筋あってるけど、エントリーはできなかった。

こんな経験少なからず皆さんあると思います。

私はこれが本当に多いです・・まあ実力不足ですね。

 

環境認識

 

1、14からの下降波の戻り売りと1,09からの上昇波の押し目買いで攻防している。

先週金曜日の上昇でダブルボトムが形成。転換に成功し押し目買いが入るかがポイント。

23時にラガルドECB総裁の発言。24時にISM指標がある。

(欧州時間前のシナリオです)

 

注目レート

1,10=押し目候補。キリ番で下降フラッグの裏にもあたりそう。

1.103=戻り高値

 

買いシナリオ

狙う波=上昇波の押し目買い。

①底値試しの売りが入って、1.10や下降フラッグの裏でサポートされればロング。

損切りプラン=1・099辺りに先週のだましブレイクの起点を抜き返したもみあいが5分足であるのでそこをブレイク。

逃げプラン=直近高値のレンジがぬけない。利確目標=110.9

②そのまま1.103の戻り高値をブレイク(だましあるので4時間足で確定)

戻ってサポートしたらロング。

損切りプラン=戻り高値をブレイクした起点を抜き返される。

逃げプラン=ダブルトップ。利確目標=1.109

 

売りシナリオ

狙う波=ダブルボトムの底値試し

①そのまま戻り高値を試しに行って上限でピンバーやいってこいなどあれば上から

損切りプラン=戻り高値ブレイク 逃げプラン=レンジ下限抜けない。

利確目標=1.10

(そのままレンジ抜けは値幅ないので見送る)

 

結果

1.10で強く反発しV字で戻ったためエントリーできず、その後も入るタイミングを図れず見てるだけでした泣

 

学び

①底値からの反発も一気に上がってるから、そういう時の押し目買いは同じようになる可能性が多い気がします。

決めつけ駄目ですが、V字もあるかもなぐらいで構えとく必要はあったかもですね。

又キリ番やフラッグの裏と根拠も重なっていたので思い切って逆張りでも良かったのかな。

②1は入れないにしても➁は入れたか・・・1.10までの下降の起点抜いて日足が陽線になる所。少しもんでるのでここ抜けはいいポイントですね。

後から見たらですが・・

まぁしっかり学べたので価値としましょう。

今日もお疲れさまでした。

よかったら応援お願いします         ☟

実践日記
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント