時間を根拠に逆張り(1月29日実践日記)

実践日記

時間というレジサポ

 

昨日はFOMCあるし動かないかなと思い、チャートを閉じたので、トレードはしてないんですが、後から見てですが、こんなトレードできたなと思った所があったので、考察したいと思います。まぁでもこれぐらいの値幅見送って良いですね・・・やるならって事で記事のネタ探して見ました・・・

 

逆張りする時って、重要なレジサポなどのテクニカル的な要素がある所で、それまでポジション持ってる人たちの利確を狙う訳ですが、ここにもう1つ要素が加わる事を意識してます。

 

では1月29日のユーロドルのチャートで見ていきます。

 

環境認識

先週長期足の戻り売り(三尊)ラストの押し安値を抜き下降。ダウ的にも下目線になっている。現在ダブルボトムの底で1.100のキリ番、チャネルの下限まできていて、レンジになりそうな所で夜中にFOMCが控えているため静観者が多そう。

(次の日の画像です)

 

買いシナリオ

①1.100でサポート。下を騙したりなどのアクションがあれば下から。

損切り=1.100ブレイク。利確=1.10250辺り。

 

売りシナリオ

①1.10250辺りの戻り高値で先週終値付近でピンバーなどのアクションがあれば上から。

損切り=戻り高値ブレイク。利確=1.100

 

 

結果と考察

 

 

おそらくこのシナリオを立ててたと思います。日足の高安でもありますね。ブレイクしたら戻りを待ってついていくシナリオも一応つけますが、この後にFOMCがある事を考えるとブレイクは難しいかなと思いますよね。なので〇から逆張りしますね。

 

ブレイクするにはフォロー(新規のエントリー)がブレイクにどんどん入ってこないと成功しません。この後FOMCがある事考えるとエントリーを躊躇する方が多いですよね。失敗するかもって不安や、FOMC前には手じまいしたいって考えますからね。

 

逆張りする時って、こういう時間のレジサポを意識する事が多いです。よく言われるのは東京時間ですよね。東京時間に重要なブレイクは難しいと思って逆張りするとか。雇用統計前だから騙しになるだろうと逆張りとか。金曜日だから利確が入るだろうとか。けっこう時間のレジサポって、人間の心理をついてますよね。ポジション持ってる方だったら利確したいですよね。

 

まぁでもこれぐらいの値幅見送って良いですね・・・やるならって事で記事のネタ探して見ました・・・

 

今日もありがとうございます。

良かったら応援お願いします☟

実践日記
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント