恐怖心を軽減するには(12月19日ドル円実践日記)

実践日記

自分の根拠の重なる所。

12月19日トレード日記

(基本スタイルは欧州時間前にシナリオを練り、欧州時間とニューヨーク時間にトレードしてます。)

私も今もそうですが、エントリーする時の恐怖心や不安って誰しもありますよね。

それに打ち勝つ?はおかしいか。受け入れる?ためには、一つは相場は不確実で負けても最悪いくらだとリスクを把握する事。そして経験と練習の積み重ねで得る自己信頼ですね。

私は金額ではなく負けると自分を否定される気がして怖いのが強かったです。

なので洗脳のように相場の不確実な事と負けトレードから得れる事の多さを自分に言い続けたし、今も実践の前にはマインドセットします。少し話がずれましたが・・実践です。

トレードは準備が全て
トレードの準備とは? トレードで結果を残すのに1番重要な事は、入念な準備をする事だと思っています。裁量トレードはその場その場のロウソク足を見て、その時に判断していると思われている方が多いと思いますが、入念な準備が、その判断を可能にしてくれ...

 

環境認識

上昇トレンドと長期の下降波の戻り売り候補で現在天井圏を形成中。

注目のレート=109・7高値

 

買いシナリオ

 

高値ブレイクしたら戻りを待ってサポートで買い。

損切りプラン=ブレイクの起点を抜き返される 逃げプラン=ダブルトップ

利確目標=110

 

売りシナリオ

ハラミ上限(高値)からの売り。

損切りプラン=高値ブレイク  逃げプラン=高値圏でもみあいを作り上にブレイク

利確目標=109・2

 

考察

今回恐怖心が和らぐ所という題名にしたのは、初心者の頃は上から売るってけっこう恐怖心があったんですよね。

それに長期足の下降波からしたら戻り売りで順張りになるんですが、直近の流れは上昇トレンドですからね。恐怖心ありますよね。今回あのポイントで恐怖心なく売れたのは自分なりの根拠がいくつかあったためです。

〇が売った所。

 

①長期足のレジスタンス

➁高値のトライが3回目である事。

③東京時間の高値トライのもみあいを抜いた事。

④日足が陰線になった事。

①は相場観から。➁3回トライして駄目なら下を試しに行く事が多い。

③ブレイクの起点を抜き返されるとレジサポ転換する事が多い。

④日足の終値がレジサポ転換になる事が多い。

 

これは私が自分の経験と練習からくる自分なりの根拠です。

トレードに対する恐怖心を軽減するには、リスクを把握して受け入れる事と自分の根拠に自信を持つしかないですよね。

気になった事があれば、ぜひ自身のチャートで検証して見て下さい。

それが自分への信頼に繋がりますから。

 

今日もありがとうございます。来週からはクリスマス週間なので、トレード

される方は薄商いの急騰・急落には注意して下さいね。

良かったら応援お願いします。    ☟

 

実践日記
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント