押し目買い・戻り売りの戦略

手法

勝てる手法とは?

 

先週の記事の修正記事になります。1度読んで頂いた方は、被る箇所も多いと思いますが、お付き合いいただけると幸いです。

 

相場ってトレンドかレンジしかありません。極端な言い方ではなく本当にどっちかしかないんですよね。トレンドとわかる相場観があってトレンドで活きる手法があれば勝てます。レンジとわかる相場観があってレンジで活きる手法があれば勝てるんですよね。私自身もトレンドフォローの押し目買いと戻り売りと、天井圏・底値圏の転換トレードをひたすら繰り返してるだけです。

 

トレンドで活きる手法の代表が、押し目買い・戻り売りですね。レンジで活きる手法の代表が、レンジブレイクとレンジの逆張りですね。正直これだけあれば十分というか、この中の1つあれば十分ですよね。例えば押し目買いなら、押し目買いが活きる相場の通貨ペア探してやれば良いだけですよね。見る通貨ペア増やすか、ロットを増やすかで1つでも十分稼げますよね。

 

色んな所で飛び交ってる簡単に勝てます、誰でもすぐ勝てますとかの怪しい情報より、昔ながらの無料の手法の方が宝物だったりしますよね。ただ使いこなすのに練習がいります。でも真剣に取り組めば誰でも勝てると思ってます。ただそこに辿り着けるまでブレずに努力する人が少ないだけ。それだけの事です。

 

前置きが長くなりましたが・・・そんな訳で今回は押し目買い・戻り売りを書いていきます。

 

トレンドフォローの前提

 

トレンドの発生の条件=転換が成功してトレンドが発生してからですね。転換=ダウ理論で言えば、ラストの押し安値(戻り高値)を抜いた次の波。エリオット波動で言えば1波が出た後の3波。言葉が違うだけで同じです。(ただ教科書的な転換って実は少なく、例えばダウ理論ではラストの押し安値を抜いて転換ですが、ラストの押し安値は抜けないもネックラインを抜いてダブルトップ完成と見て転換していく事も多いです。)

こんな感じで戻り高値を抜いてくれるとわかりやすい転換ですね。

 

 

戻り高値は抜いてないけどネックはしっかり抜いたので、それを見てる人が成功と見たケース。

ネックも抜いたか微妙でも成功とみる人が多けれ成功です。

同じような形でも失敗する事もあります。

私の解釈では上はネック抜けなかったが、次の天井試しが高値に届かず大きな髭になった事でダブルトップ成功と見る人が多かった。下はネックまで2番底が上昇したが、反発強くいってこいで返され、底値試しも下限まで達した事で、買いのフォローが入らず失敗したと思います。

 

この辺の解釈が難しいですが、私はネック抜いたらトップ、ボトム成功と見て、ネック抜かなくてもボトムなら安値切り上げ、トップなら高値切り下げで成功と解釈して仕掛ける事が多いです。

🍵どうぞ。押してもらえると励みになります☟


為替・FXランキング

転換も長期足で見たら順張り

基本は転換してからが、トレンドフォローになるんですが、それだと2番底や2番天井。エリオット波動でいう1波を見てるだけになります。それはもったいないですよね。1波をとるためにやってる事は。

①長期足の順張り=短期足の逆張り。

➁短期足の転換。

例えば先程の転換で使ったダブルボトム。これは左の上昇波からみたら押し目買いなんですよね。なのでここのサポートの根拠に自信があれば2番底から逆張りしたりします。

今のドル円も現在は上昇トレンド中ですが、さらに大きな足でみたら戻り売り候補です。上昇トレンドから見ると110円から売ってる人は逆張りですが、長期足で見てる人からしたら、110円から売ってる人が順張りだったりするわけです。まぁこれは解釈の違いで、どちらが勝つかもその時次第ですが。

FXでは買い手と売り手で波の解釈が違う事がよくあるので、ここを気づけるフラットな目線が大事です。買い手と売り手、それぞれの立場から波を見て、この波はどこから影響を受けてる波かを理解する事で、どっちの値動きになっても対応できるようになります。

 

後相場はフラクタルなので、短期足から順番に転換していきます。これを利用して1波を狙います。例えばこの大きなダブルボトム。この1波の上昇は大きいので狙いたいですよね。

 

この大きなダブルボトムの2番底にはさらに小さなダブルボトム。そのダブルボトムにさらに小さなボトムがあります。この小さなボトムの転換で入ると大きな1波が狙える訳です。

 

 

こういうフラクタル構造がわかってくると短期足の転換で大きな波の1波とかも狙えて、短期足を基準にエントリーしてるので、損切りも短期足基準で設定できるので、損切り幅を小さくできます。

 

ただ注意したいのが、短期足で捕えようとして短期足に振り回されて、大きな波を見失って負けまくるんですよね。方向性を決めるのはあくまで上位足ですからね。そこを見失うと元も子もありません。私が散々負けてきたので・・・最初はわかってるつもりが、いつの間にか5分足に振り回されてるんですよね・・・短期足に振り回されるぐらいなら、損切り幅大きくても上位足の環境認識でざっくりやる方が全然良いです。

押しや戻りの意図を理解する。

押しや戻りがなぜ入るか?利確ですね。それまで買ってた人やそれまで売ってた人の利確が入って、又それに合わせて逆張りの新規とで押しや戻りが入ります。

こんな感じで赤のサポートで利確が入る事で戻りができて、Nを描きます。自分が上から売ってたとしたら、この辺で買いの反発ありそうだし、1度利確したいですよね。又そういう売り手の心理を読んで逆張り派も入って戻りが入るんですよね。Nを描く動きって値動きの原理なんですよね。中には押しや戻りなく一気に行ったり、ズルズル行く事ありますよね。そんなときでもこの原理を知ってれば途中で乗る事もできます。

1時間足では入れそうにないですが、短期足にしていくと、レジサポで少し揉んでるのがわかります。利確が入りそうになってダブルトップとか作ろうとして失敗してそのまま上昇してるんですよね。なので抜けたら次のレジサポまで細かくとっていく事もできます。

 

利確が入りやすい所はレジサポなので、一気に行き時でも、レジサポ付近で小競り合いはあるんですよね。それを利用して更新したら、次のレジサポまで乗る事ができますよね。

 

どこで待つか?

 

押し目買い・戻り売りでまず最初に考えるのが、どこで待とうか?ですよね。その前に押しや戻り=フルバックといいますが、フルバックには2種類あります。

1つは時間のフルバックですね。時間のフルバックは浅い押し戻しで、レンジになりヨコヨコになって、トレンドラインだったり移動平均線にあたって、動意づいて動き出したりしますね。下降の時が多いですよね。戻す力もなくヨコヨコに時間調整してるように見えます。

今のユーロドルがそうですよね。戻ってるのもありますが、ヨコヨコになって1Hの移動平均線にあたって動意づいて下降してますよね。

 

もう1つは値段のフルバックです。これはよく半値押しとか61.8戻しとか聞いた事あるように思います。これはフィボナッチリトレースメントの数値ですね。フルバックによく使われるのは、38.2、50、61.8です。特に半値の50と61.8が多いです。ただフィボナッチはあくまで目安です。目安プラス根拠で使います。

 

フィボナッチリトレースメントの測り方はだいたいは1番上からあてるんですが、波の始めからあてる事もあります。こんな時は矢印ではなく波の起点からあてる事が多いですね。

 

根拠にするのはレジサポですね。例えばこのユーロドルの戻り売りだと、線を引っ張った所、安値を更新した波の起点とかそのネックラインとか、高値とか、後はキリ番とか戻り高値とかですね。そういう所とフィボナッチの目安と合わせて推測して、めぼしをつけたらその周辺で待って、そこに来たらプライスアクション見て判断する訳です。

そして1番ややこしい所が波のサイズです。このユーロドルの下降だと3つのサイズの下降波の戻り売りが影響してるんですよね。1度戻り売りを跳ね返しても、もう1つ大きな波の戻り売りが入ってきます。最初の頃はこれがわからなくて1回目の勝敗でどんどん上に行くイメージ持ってやられるんですよね。後こういう時は複合してる所が、候補になりやすいですね。この場合だと戻り売りが入ったのは、1番大きな波の半値で2番目の波の61.8で、そして大きな波の戻り高値、安値を更新したNゾーンですよね。こういう色んな要素が複合してる所になりやすいですよね。

 

そしてその戻り売りが入った後どこまでいくのかを予想して決めておく事も大事ですね。こうやってNを描くとどこを利確目標にするかもわかりやすいですよね。もちろんその前に重要なレジサポがあればそこで止まる事もあるので、利確もいくつか候補を上げておくと良いと思います。今回のこのユーロドルだと上昇トレンド中で、〇の所はラストの押し安値なんですよね。なので1度ここで利確して、決着がついたら入り直すのが、この場合は良いですよね。ここから買いが勝ってたかもしれませんから。

 

押し目買いや戻り売りに限らずですが、FXはエントリーと損切りと利確がセットで1つのトレードです。そこを明確にしないとリスクリワードが把握できず勝てるやり方をしてても利益が残らないし、そこが明確でないと感情トレードに繋がりやすいですよね。

押し目買いや戻り売りってFXの基本とか言われるけど、凄く奥が深くて極めたらこれに勝る手法ってあるのかなって思ったりします。簡単に勝てる方法とか、色んなやり方探すより、もう1度自身のチャートで押し目買い・戻り売りを深く学んでみる方が結果が出るように思います。

最後まで見て頂きありがとうございます。
アイキャッチ画像=PAKUTAS様

この記事が良かったと思った方だけで良いので下のボタン押して頂けると嬉しいです。

手法
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント