支えが崩れた所を狙う(3月26日実践日記)

実践日記

支えが崩れる所を狙う

トレードで勝てるかどうかは相手次第です。買う時は売り次第。売る時は買い次第。相手の失敗や弱点を見つけて攻めるのが、勝ちへの近道だと思います。昨日のドル円は買いの支えが崩れて一気に下降しました。支えがなくなるとチャートも人間も脆い物ですよね。

 

買いの支えは2つありました。それが崩れた事で大陰線に繋がったと思います。買いの2つの支えとは?

 

①4hSMA21

➁トレンドライン

何度も反発して支えられてるのがわかりますよね。こういう機能してる(意識されてる)MAやトレンドラインは、押し目買いや戻り売りの候補や、その失敗トレードに使えますよね。

では実践で見ていきます。

環境認識

112円から101円辺りまで一気に下降したが、101円で反発すると111円まで上昇し上昇トレンド中。現在111円付近で天井圏を形成中。先週金曜日の日足のハラミの中で、1時間の上昇チャネルに沿って上昇していたが、朝チャネルをブレイクし下降中。

注目レート=4hSMA。

 

買いシナリオ

①4hSMA21で強い反発か、もみ合い抜けでロング。

損切り=もみあい下抜け。利確=111.2→111.5→112

売りシナリオ

①4hSMA21で反応してできたもみ合いを下抜けしたらショート。

損切り=もみ合い上抜け。利確=109.5辺りのネックライン

 

結果と考察

 

結果は〇のナナメライン抜けでショートしました。4hSMAの所にもみ合いが出来たので、4hSMAの崩れが根拠と、それを抜けたプライスアクションでエントリーですね。午前中にトレンドラインを抜けて、欧州時間に4hSMAという、今まで上昇を支えてきた2つの支えが崩れた事で一気に売りが入りましたね。

 

ずっと支えてくれた妻を失ったり、生きがいだった仕事を失って一気に老けたとかよく聞きますよね。人間もチャートも同じですね。まぁチャートは人間が作ってるので当然と言えば当然ですが。相手の支えとか大事な所はどこだろう?と考えると押し目買いや戻り売り、今回のような失敗トレードを狙いやすくなるように思います。

 

効率的に稼ぐトレード
効率的に稼ぐトレード そんなものあるのか?怪しいタイトルですが・・・これはあります。まぁ効率的と言っても待つ時間は長かったりしますがね。ただエントリー後はすぐ伸びてくれるので効率は良いです。 先に答えを行ってしま...

 

今日もありがとうございます。
アイキャッチ画像=PAKUTAS様
良かったら応援お願いします☟

実践日記
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント