相手の損切りは蜜の味・・・(12月17日ユーロドル実践日記)

実践日記

損切りに乗じて利益を得る

12月17日トレード日記

(基本スタイルは欧州時間前にシナリオを練り、欧州時間とニューヨーク時間にトレードしてます。)

なんて性格の悪いやつなんだと思われるかも(実際思われてたりして・・・)しれませんが、相場では基本この考え方が大事だと思います。

相場では自分の努力で負けにくい態勢はつくれます(資金管理、相場観、自己規制など)

ただ勝てるかどうかは反対側のポジション次第です。

相手の失敗や勢いの弱さとかを見て、そこに合わせてエントリーが私の考え方です。

値動きの本質 Wの圧力
Wの圧力ボブ・ボルマン氏の5分足スキャルピングという本の中に出てくる言葉で、値の動き始めにはこのWの圧力が欠かせません。この本は値動きをとことん深掘りしてて素晴らしいんですが、ただ訳した方がFxをあまり知らない人なのか、難しい内容をさらに難

 

環境認識

(欧州時間前に考えたシナリオです)

1.100のダブルボトムから上昇トレンドが発生し、1.118のダブルトップの上限まで到達している。1.118は長期の下降波の戻り売り候補なので、売りと買いが攻防し天井圏を形成しそう。

 

買いシナリオ

①売りが入ったが、仮ネック(1.113辺り)を抜けず。売りが失敗したらロング意識されてそうな4時間の移動平均線もネックの近くにあったので、このシナリオを立てた。

損切りプラン=仮ネックのブレイク 逃げプラン=安値でWボトム 目標1.118

➁売りが入って、押し安値の1.110でサポートでロング。

損切りプラン=押し安値ブレイク 逃げプラン=すぐ上でレンジ 利確は同じ

 

売りシナリオ

①1.110をブレイクして戻ってきてレスタンスされたらショート

損切りプラン=ブレイク起点を抜き返される。逃げプラン=Wボトム

利確目標=1.115  1.117

 

学び

結果は買いプラン①

 

シナリオに至る考察

最初チャートを見て、日足の髭や三尊の形成気配があり、上から売ろうか考えましたが、前日売りが入ってるのにサポートされてるので、何かあるのかなと疑い、4時間の移動平均線(SMA21)=移動平均線の数値とかこだわりなし。が意識されてそうだなと思いました。

インジケーターは基本使いませんが、相場を見てる人が多く意識してそうだなと思う移動平均線は環境認識に使うようにしています。

 

失敗に乗じるトレード

日足の髭や三尊から売ってくる人は多いだろうなと思い、売りが失敗したら損切りに乗ってやろうと見ていました。けっこうこういう誰もが考えそうな作戦の失敗を狙うのは有効だったりします。

 

1番大事なのは、常にこういう失敗狙ってる人がいるという事を頭に入れる事です。私が常に売りと買いのプラン両方を考えるのはこのためです。例えば今回売りに回ってたとしても、買い手の気持ちがわかれば微益で逃げたり、損切りしてもドテンで取り返せたりします。

 

ただこういうトレードはスキャルです。期待は禁物です。伸びたところであっさり頂くのがコツです。チャートをみてすっと一瞬で10P20P上昇・下降している所はだいたい売り買いの失敗で損切りが入った所です。

1度自身のチャートで調べて見て下さい。

今日もありがとうございます。

よかったら応援お願いします         ☟

実践日記
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント