負けパターンに勝ち組の思考が隠れている パート6

負けトレードに学ぶ

転換にかかる時間

 

ダップ
ダップ

みなさんこんにちわ。今日もHファンドのFX担当H課長に来て頂いてます。今日は私の友達がよく動き出しがわからず動く時には、負債たくさん・・・という事が多いのでH課長に対策を聞いてほしいという事でお願いします。

H
H

(友達じゃなくてお前だろ・・)よく聞く負けパターンですね。ここは強いレジサポだから、そろそろ転換かなってエントリーしたら、上いったり下いったりレンジになって無駄打ちして疲れまくった頃に思ってた方向に動き出すとか?

ダップ
ダップ

そう、お金とメンタル散々やられて、諦めた頃に思ってた方向に・・・もう自己嫌悪になります

H
H

(やっぱり自分の事か笑)ある程度FXの事をわかってくると強い値段はわかってくるんですよね。でもチャートって値段が縦軸で横軸も何かありますよね?

ダップ
ダップ

チャートの横軸は・・時間ですよね?

H
H

そうです時間です。強いレジサポにきて波が転換するにしてもブレイクするにしても、エネルギーを貯める時間が必要なんです。それは長期足になればなるほど時間が必要になります。それがわかってない方が多いですよね。まぁその損切りがエネルギーになるから儲かるんですが笑

ダップ
ダップ

(くやしいけどその通り・・)じゃあ何か対策ありますか?

H
H

こちらドル円の日足チャートですね。日足が上から下に。下から上に行く時2日以上はかかってるのわかりますよね?

(1時間足に日足)

ダップ
ダップ

た・確かに・・・

H
H

その中身をみるとしっかり大きなダブルトップやボトムや三尊をを作ってますよね。ダップさんならこの小さなダブルトップでどんどん下がっていくイメージだったんじゃないですか?

 

 

ダップ
ダップ

せ・正解😭

H
H

日足の転換にになると何日もかけて大きなダブルボトム、ダブルトップを作りますよね。レジサポにきたからすぐ売るんじゃなくて、転換するにはまず大きなダブルトップを作るだろうなと想定する事が大事ですよね。これはブレイクする時もそうです。ブレイクするにしても売りの形ができてから売りの失敗のエネルギーが必要ですからね。

 

ダウ理論の応用編~フラクタルとダウ理論~
ダウ理論と時間足 今回の記事はフラクタルにフォーカスしていくので、ダウ理論の基礎が知りたい方は、ダウ理論の本質1の記事も見ていって下さい。 🍵どうぞ。押してもらえると励みになります☟ ...

 

H
H

ちなみに先程ダップさんがショートした所も間違いではないです。ただずっと下がっていくイメージではなくネックラインまでの売りってわかって売ってればね。

ダップ
ダップ

108円ぐらいまで下がって、焼肉食べに行ってる妄想してました・・・

H
H

焼肉おごる方ですね笑。こっちは逆にブレイクですね。ブレイクするにしても時間かかってるでしょ。こうやって時間経過してるうちにダップさんみたいな人が、売りや買いや抜け期待転換期待で早々とポジション持ってくれるから我々は楽に利益を得れるんですけどね笑

(1時間足に日足)

ダップ
ダップ

・・・

🍵どうぞ。押してもらえると励みになります☟


為替・FXランキング

 

まとめ

重要なレジサポで転換を狙うには、転換するにはどれぐらいの大きさのどういう形で、どれぐらいの時間がかかるのか、ある程度想定できる事が大事です。

その想定ができれば、無駄打ちを減らすどころか、ダブルトップの動きを想定して天井圏でのトレードもできますよね。私が思うトレードの達人って、重要なレジサポに到達した時に、抜けるか転換するか予想して当てる人ではなくて、早くから天井圏、底値圏を想定できる人がトレードの達人と思っています。抜けるか転換するかなんてトランプさんぐらいしかわかりませんから。

 

 

 

その想定を可能にするのは、地道に過去の長期足の転換やブレイクを何度も見るしかないですよね。

まぁ今回みたいにあっさり更新する事も稀にありますけどね。そんな時は仕方ないです・・

私はブレイクや転換を期待してポジション持つ事より、天井圏・底値圏のレンジを想定して、その範囲の中で期待せずレンジ逆張りする事の方が多いです。期待するより守ってくれそうな所はどこか?と考える方がトレードは上手くいくように思います。

天底で負けないコツ(12月19日実践日記)
期待しない事 12月19日トレード日記 これが本当に大事です。最初の頃は抜けろ抜けろってよく念じてました。 天底での抜け期待満々のエントリー。負けまくりますね。実体験です。 (基本スタイルは欧州時間前にシナリオを練り、欧...

 

かかる時間の目安としてよく使うのは、機能してる移動平均線とか、チャネルライン、あと大きな転換だと、近くの転換ですね。例えば年末の天井圏なら、その前の底値圏にかかった時間ぐらいはかかるかもしれないなと思って想定します。チャートってけっこうN値やE値の縦にしてもダブルボトムやダブルトップや三尊の左右にしても左右や前後で似た形や同じぐらいの時間調整になる事って多いんですよね。

天井圏の方が長いですが…まぁ年末で動かない時期もあったんでね。でもこれぐらいはかかりそうだなって想定はできますよね。想定ができれば、上からネックラインまで売ってみたり、ネックラインから高値まで買う事できますよね。

今日もありがとうございます。

良かったら応援お願いします。

                                                

負けトレードに学ぶ
シェアする
dappuをフォローする
実際読んで見て役に立った書籍
5分足スキャルピング

高額で難解で睡魔が襲ってくるが、内容は本物。テクニカル分析はこれだけで十分って言える程内容は濃いです。

最高の戦略教科書 孫氏

星は5ですが、FX専門ではないので2位に。FXで1番大事な考え方を学べたと思っています。数ある孫氏の本の中で読みやすさで選びました。

ディトレード

トレーダーの心構え・考え方が読みやすく書かれています。これからFXを勉強してみようと思う方にお勧めです。

FXも繰り返す

コメント